解説にもありますが、私の一押しは「理系キャラ」です。ゲームラスト、全校生徒が集まって卒业式の行われている讲堂の防火扉が胜手に闭まり、闭じ込められた生徒&职员に消火用の二酸化炭素ガスが放出され窒息し意识を失っていきます。犯人は、中央电算室を占拠した「理系キャラ」。告白イベント(笑)で讲堂にいなかった「主人公」&「亲密度の高いキャラ达」に彼女は语りかけます。「私は、ここにいる」と???。ラストの告白イベントに突入と思わせておいて、そこに亲密度の高いキャラが乱入。血みどろの痴话喧哗になるかと思いきや、学园テロイベントに突入という展开は、今までなかったと思います(笑)。で、彼女达の能力を駆使して(まっとうな女の子キャラは一人もいません)「理系キャラ」に操られた警备ロボットやトラップを突破し、友人である彼女の暴挙を止めに行きます。「理系キャラ」の亲密度が一番のときは、「ヒロイン系」を抜いてもっとも热い展开が缲り広げられるでしょう。

 …てな事を妄想していたのですが、某「狩谷君」に先を越されましたので、却下。”车椅子”はともかく、”実はラスボス”ってとこまでキャラが被るかぁ!?
 知人の企画した同人志本「いまどきの美少女ゲームの作り方(仮)」用に依頼された原稿です。まっとうな、「表キャラ」については、别の”先生”が担当し、私は「里キャラ」、今までに无い?见た事无い?あったらやだなあ(笑)といったコンセプトで描いてます。ちなみに、诸般の事情と言うやつで、この本まだ出てません。原稿料はもう食ってしまいましたので(笑)、原稿自体はお蔵入りしてもかまわなかったんですが、折角なので今回许可もらって载っけました。???他に载せる物无いし(爆)。

ラフ?制服案   <> ?????????????????????????? 次へ>
<>
<2-2:モノクロ原稿へ